化粧品の使い方次第でアトピーは改善する事ができる

自分で治す

花と化粧品

アトピーなると夏などは着るものに困ったり、食べるものを制限したりとストレスが溜まる生活になり日常に支障が出ることもあります。アトピーの改善には、食事制限や薬も必要ないのです。しっかり睡眠をとる、軽めの運動をする、保湿を行なうなどをすることで改善できます。

読んでみよう

肌を刺激しない使い方

レディー

目や口の付近に症状が出る

アトピー性皮膚炎の症状のほとんどは子どものときの方が重く、大人になり年齢を重ねるにつれて改善に向かうことが多くなっています。しかしそうはいっても化粧品はほぼ1日中顔につけたままにしておくものなので、成分によってはせっかく改善に向かっていたアトピーの症状をふたたび悪化させることになりかねません。そのため、一般の敏感肌の人以上に気をつけて化粧品を選ぶことが大切です。特にアトピーの人の場合、化粧品をつけると口のまわりや目のまわりなどにかゆみが出やすいという特徴があります。これは目・鼻・口にそれぞれ粘膜があるため、過敏なアレルギー反応が出やすいためと考えられています。いったんかゆみや赤みが出るとおさまるのに時間がかかることも多いので、化粧品を使う前にはパッチテストを行うよう習慣づけることをおすすめします。

保湿はほどほどがおすすめ

アトピーは乾燥させると症状を悪化させるといわれることが多いので、化粧品は保湿性のあるものでないといけないと考えている人も多いことでしょう。ところが、アトピーの人があまりに保湿成分の濃厚な化粧品を使うと、かえって症状の改善を遅くしてしまう場合があります。アトピーの症状の出た肌は乾燥してはがれ落ちることによって新しい肌と交代します。ところがあまりに濃い保湿化粧水などをつけるとその肌の生まれ変わりを逆に妨げてしまうのです。このため、保湿といっても乾燥しない程度にとどめる方がアトピーの改善のためには望ましく、また成分もなるべく刺激のないシンプルなものを選ぶようにするのがよいといえます。そしてもちろん症状が出ている最中には化粧品の使用は控えた方がよいでしょう。

保湿をする事が大事

背中

アトピーを改善させるには、お肌を乾燥させないように保湿を行う事です。皮膚のバリア機能が弱まると、皮膚に異物が入り易くなります。保湿を行うには、化学物質が入っていないスキンケア用品を使う必要があります。例え、肌が改善しても毎日保湿を続けていく事が大事です。

読んでみよう